パーソナルカラーを知って、自分らしいファッションをしよう!

ファッションを上手に着こなすテクニックの1つとして、「パーソナルカラー」というものがあります。これはその人の持っている肌や髪、目の色などから大きく4つに分けて、その人に似合うカラーを判断する技術のことです。

自分自身に合ったカラーを理解しておけば、芯の通ったファッションで着こなせるようになるでしょうし、自分らしさというものをより的確に演出できるはずです。ですのでもし、興味があるようでしたらパーロナソカラーについて、覚えておいてくださいね。

肝心のパーソナルカラーですが、大きく4つに分けられます。それは季節になぞられたイメージで、それぞれスプリングタイプ、サマータイプ、オータムタイプ、ウィンタータイプの4通りに分けられているんですよ。纏めてフォーシーズンカラーと呼ばれることも。

ウインターとサマーのタイプは、共に青っぽいカラーが似合います。サマーが柔らかい青で、ウインターがくすんだ青といったイメージですね。青ベースですので、ちょっと赤味を加えた色として紫なども良いかもしれません。

一方でスプリングとオータムのタイプは、黄色味のカラーが似合います。オータムがくすんだ感じの黄色でスプリングが柔らかい黄色といったイメージです。4つをまとめると、黄色系か青系か、くすんだ色か柔らかい色かで大別されるということですね。

肝心の、あなた自身のパーソナルカラーを知る方法ですが、細かく調べると肌、髪、目の虹彩、頬、くちびるの色を調べて総合的に判断する必要があります。ですが、大体は肌の色と神の色程度でも理解しておけば大丈夫ですよ。

まず肌の色ですが色白か色黒か、赤味を帯びているか黄色味があるかで判断します。青白い感じだとウインタータイプ(白+黄色)、黄色味が強ければオータム系(黒+黄色)、色白で赤味があるとサマータイプ(白+赤)で、明るい感じ(黒+赤)だとスプリング系となります。

髪の色は、はっきりとした黒ならウインター、こげ茶系ならオータム、ソフトブラウン系ならサマー、明るい茶色ならスプリング系に分けられます。肌の色と合わせて、髪の色を変えるのも面白いかもしれませんね。これらの色を考慮して、見極めてください。

異なるタイプの結果が出た場合、その中間っぽいコーディネイトを心がければうまくいくはずです。例えば黒髪(ウインター)で黄色味のある肌(オータム)の場合、柔らかい青や明彩度の高い黄色など。実際に試してみて、しっくりくる色を探して頂ければ幸いです。

以上のように、パーソナルカラーを理解して、より自分に似合ったファッションを模索してみてください。何となく似合っていた、という服は、実はこのような法則で成り立っているというのは面白いですね。パーソナルカラーを知ることは、以外と大切です。

ちょっと意外な新事実、ドレスやハイヒールのできた理由って…

01/04/13

女性が着るものの1つと言えばスカートの回りがふわっと広がっているドレス。とても綺麗ですよね。女性が履く靴も、ハイヒールといった独特のものがあります。ですがこれ、どこでどういった経緯で生まれたか、ご存じでしょうか。

洋装だから、ヨーロッパあたりで生まれたんだろうな…と思ったあなた、正解です。中世ヨーロッパ(5~15世紀ぐらい)にドレスやハイヒールは生まれました。ただ、その生まれた経緯がなかなか信じがたい原因だったりするのですが…・。

実は当時のヨーロッパ、トイレ事情が非常に劣悪で、なんと一般の家にはトイレというものがありませんでした。それでは公共のトイレがあるのかというとそうでもなく、みんな「おまる」で用を足すのがじょうしきという時代だったんです。

しかも…「おまる」がいっぱいになったら捨てなければいけませんよね。きっとどこかに捨てる場所があるんだ!と思ったあなた、不正解です…。「一応」定められた場所はあったのですが、多くの場合、そのまま窓から内容物を投げ捨てるのが当たり前でした…。

何というか…信じがたいことですよね。当たり前ですが、街は糞尿だらけです。そのために、うっかり踏んでしまった際のダメージが少なくて済むよう、かかとの長いハイヒールが発明されたというわけです。用途が用途だけに、男性も使用していました。

さらにトイレは「おまる」で済ませることは前述しましたが、外ではそんな道具を使わずにそのまま用を足してしまいます。そうなると、隠すための何かが必要ですね。つまりスカート幅の広いドレスは、そのまま用を足せるデザインに優れた服というわけです。

そんな歴史背景もあり、かかとの長いブーツや屋根から降ってくる汚物をよけるための日傘(のようなもの)も同様に当時の発明品です。街の様子を想像すると、中々嫌な時代ですね…。ペスト等の疫病が蔓延していたのも仕方ないのかもしれません…。

いかがでしたでしょうか。ハイヒ-ルやドレスの生まれた経緯。なかなか壮絶ですよね…。現代ではそんな用途ではなく、単に綺麗でかわいいからドレスを身に付けたり、足や背が長く見えたりするという効果があるかrハイヒールを履いています。

時代が変われば使い方も変わる。ドレスやハイヒールだけでなく、色んなものにもそういった歴史があるのかもしれませんね。あなたも、身近なものの生まれた経緯について調べてみませんか?ネクタイ、様々な帽子、ベスト…以外な歴史が隠れているかも!?

麻生地の服って実はスゴイ!?その魅力に迫る

01/03/13

現代の服で、最も使われている繊維は何でしょうか?と聞かれれば、恐らくその1つは木綿ですね。綿の木から採取されるフワフワの繊維で、布団やぬいぐるみの綿などにもに使われることでもお馴染みの繊維ではないでしょうか。

これを糸状にして編み上げた布が木綿ですね。適度な伸縮性もあり丈夫、しかも吸水性があり肌触りがいいとすぐれた繊維です。ですが、この木綿、日本で栽培されて一般的になったのは意外と遅く、16世紀以降なんです。

それ以前に布はあったのでしょうか?実は存在しています。それが麻なのです。布地に関してはリネンなどと呼ばれ、現代はタオルやシーツなどでも使われているお馴染みの素材ですね。古くは縄文時代から使われていたというから驚きです。

麻自身の生地としての特徴は、肌触りがものによっては少しチクチクするものもありますが、通気性がよく木綿同様吸水性にも優れていますし、洗濯にも強いため繰り返しの利用に重宝する優れた生地です。木綿にはない良さがあると言えますね。

実はこの麻、かつては日本に沢山生えていました。作物として育てられてもいた歴史もありますし、ごく当たり前の植物として生活に溶け込んでいました。その利用方法は多彩で、布だけでなく食用、肥料、油や石鹸、燃料などにも使われています。

それは現代でも同じで、世界では同様の活用方法が行われていますし、紙や建材、プラスチックの材料、衣料品になったりもするんですよ。更には土壌改善にも使われている実績もあるのが驚きです。今でも原発で汚染された土壌改善のため、麻が活用されています。

これだけ便利な麻が、なぜ日本でまったく栽培されなくなったのか?答えは簡単で、麻は危険な薬にもなり得るからなんです。大麻と呼ばれる麻薬の一種が、麻から生産されるので、これが日本中に生えていると危険だからというのが最大の理由なんですね。

ですが、そんな麻も栽培免許があれば国内で生産が可能です!今でも一部の農家が免許を取得して栽培し、市場に出荷しています。扱う植物だけに習得もそれなりに大変ですが、まだ麻に対する文化が残っているだけでも嬉しいですね。

麻は100日もあれば3メートルにも成長すると言われており、生産は比較的容易ですが、栽培する側がどう活用するかで世の中が変わってくる植物です。(大げさな表現かも知れませんが…)国内では麻糸や布を作成できる人が数えるほどとなっている今だからこそ、文化として守っていきたいですね。

普段使っている麻のタオルや服などにも、そんな歴史や用途、生産者の想いが詰まっています。麻製品を見かけたり利用したりするときは、そんなことを少しでも思い出して頂ければ幸いです。麻に対する見方が、少し変わってくるかもしれませんよ。

いろんな服もあるけれど、生地(繊維)についても知って欲しい!

01/02/13

私たちが普段着ている服。どんなもので出来ているか考えたことはあるでしょうか?木綿に絹、アクリルやポリエステル、ウール…世の中には、実に沢山の生地でできた服があります。一体生地や繊維といったものは、何種類ぐらいあるのでしょうか。

布に関しては正直、把握しきれない量、というのが正直なところです。10や20では済まないのですが、100種類は無い程度の量になるでしょうか。というのも、同じ素材でも編み方によって違う布になりますし、その土地や新しく作られた生地も存在するからです。

同様に繊維も木綿や絹といった自然素材は昔ながらですが、時代と共にナイロンなどの化学繊維やレーヨンなどの再生繊維といったものも生まれてきます。近年では吸湿発熱繊維といったハイテクなものまで生まれてきていますね。

歴史に目を向ければ、人類初の生地となると、恐らく毛皮です。そこから人類は絹や綿花などの栽培を覚えて繊維というものを生み出します。繊維から糸ができて、糸から生地ができて、そこから服ができる。そう考えると、服はとても手間暇がかかったものですね。

実は中国では紀元前から既に織り機が発明されており、既に布が作られていたというから驚きです。日本でも縄文時代では既に麻で作った布の服が存在したようですが、木綿等はもっと後で、16世紀以降になります。それまでは中国などの輸入に頼った貴重品です。

そうして時代と共に化学繊維のような新しい生地(繊維)も生まれてきます。化学繊維は1890年にフランスでレーヨンが開発されます。ただ、初期のレーヨンは燃えやすいため暫く生産は中止されていました。現在は改良がくわえられており、どれだけ普及しているかはご存じの通りかと思います。

繊維の多様化が進めば布も多様化が進むもので、木綿にしてみても平編みでよくある布になりますし、ガーゼのような服の材料というよりもハンカチや医療面で役立つ布になります。タオルやデニム、リネンも布の織り方ですね。数えきれないほどあります。

日本でも多様な布がありますね。絹で織ったちりめんや京都の西陣織、羽二重や本しゅすなども聞いたことがあるでしょうか。服のデザインだけでなく、布自体に歴史や文化があると言えます。世界にも、沢山の技術があることは容易に想像できますね。

このように時代と共に進化、多様化している生地や繊維。これからも、よりコストパフォーマンスに優れたものから暖かい、涼しい、着心地のいい、様々な素晴らしいものが生まれてくるでしょう。服は、時代と共に進歩しています。

知っているようで以外と知らないかも!?冠婚葬祭「服」の常識

01/01/13

冠婚葬祭という言葉があります。これは人が生まれてから亡くなるまでの家族に関する催し物全般を指す言葉というのはご存じでしょうか。「冠」は成人式、「婚」は結婚式、「葬」は葬式、「祭」は法事を意味しています。
加えて受験合格や就職祝い、七五三や還暦などの祝いも含まれています。要は人生の節目にあたる、大切な式全般を指していると言えますね。特に成人式や結婚式、葬式、法事などは、しっかりした服装がマナーとなっていますが、どんな服装が良いのでしょうか。

まずは成人式。こちらは比較的自由なスタイルで問題ありませんが、あまり派手すぎない服装で行くのが無難です。正装と言えるのは洋装と和装に大別されて、和装は紋付き袴や振り袖などの和服、洋装はスーツになります。

特に和装は切る機会が少ないですから、こういった場でチャレンジするのも面白いでしょうね。また、和装、洋装共に色なども自由ですから、節度を保ちつつ、自分なりの成人に対する意気込みが感じられればそれでいい…のかもしれません。

次に結婚式ですが、こちらはある程度のルールが設けられています。まず女性は白すぎても黒すぎてもいけません、白は花嫁さんの色になりますし、黒は葬式のような雰囲気になるのでNGです。ですが全身白や黒がダメなだけですから、他の色と合わせるのは大丈夫ですよ。

男性はスーツが無難ですが、和装でも問題ありません。また、ネクタイも白がスタンダードですが時代と共に変わってきているようで、色つきのネクタイをすることも。特にわからないようであれば、黒のスーツに白ネクタイが最も無難ですから覚えておいてください。

葬式も同様に、服装には気をつけたい催し物です。こちらは男女ともに黒の服装が一般的です。お通夜などでは暗めの色をした服なら問題ありませんが、これは急いで駆け付けたという意味合いがありますので、かのうならば黒で行きたい所です。

男性はスーツ、女性はスーツ又はワンピースが一般的で、男性は白シャツに黒ネクタイ、女性はストッキングも黒となります。靴も同様に黒で、アクセサリなども金や派手なものは避けましょう。また、毛皮のコートは殺生をイメージさせるのでNGです。

その他冠婚葬祭以外でも、ちょっとお洒落なパーティやレストランではドレスコードといって服装に関する最低限の決まりがあります。例えば男性ですとネクタイやスーツが必須であったり、女性ならドレスやスーツだったりと様々ですね。

冠婚葬祭と併せて、これらの催し物でも大丈夫な服を用意しておけば何かと便利です。もしあなたが冠婚葬祭などの服を持っていないようでしたら、安いものでも構いませんから1着は持っておいて損はないはずですよ。持っていることが、安心にも繋がります。